糖尿病の原因と治療薬

糖尿病の原因と治療薬

糖尿病の原因と治療薬を分かりやすく解説

糖尿病は現代人の病

 

 現在、約700万人の糖尿病患者がいると考えられています。
40代以上に限定するならば、国民の10人に1人以上は糖尿病であるという計算になります。

 

このように国民病化してしまった糖尿病ですが、糖尿病になると三大合併症と呼ばれる
糖尿病性神経障害、糖尿病性腎障害、糖尿病性網膜症を引き起こしてしまいます。

 

しかしながら、糖尿病の影響はそれだけに留まりません。血液中の糖分は、血管壁や毛細血管を攻撃
する性質をもっているため、脳梗塞や心筋梗塞、さらには脳の糖尿病とも呼ばれるアルツハイマー
型認知症を引き起こす原因にもなっているのです。

 

治療薬という選択肢


 糖尿病の治療薬を服用することで、従来よりも簡単に血糖値がコントロールできる様になるかも知れません。
しかしながら、適切かつ長期的な薬剤による治療計画を立てなければ、生涯にわたって
その治療薬を服用し続けることになりかねないのが現実です。

 

糖尿の治療にあたっては、合併症を招かないための血糖コントロールが重要ですが、
その為には、早期から糖尿病予防に対する見識と行動が求められるのです。

 

食事療法や運動療法そして、薬物療法。

 

この3方向からの具体的取組が、合併症を回避する究極策なのです。

 

しっかりと治療薬の特徴を勉強し、糖尿病に関する理解を深めて頂ければ幸いです。

 

指標

治療の目標

ヘモグロビンA1c

6.9% 未満(国際標準値NGSP)

空腹時血糖

130mg/dl 未満

食後血糖値(2時間値)

180mg/dl 未満

 

2014最新版 一覧

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
糖尿病の予防 | 血糖値下げるお茶 | 糖尿病症状 | 多嚢胞性卵巣症候群 | 血糖値下げる | 血糖値が高い |